はぎてんねっと
 

P.804

ハプトロンシリーズ目次へ

HOMEへ


HUBTRON ハブトロン チューブシリーズ 325
サーモフロン アドバンス
サーモフロン[ベーシック]の内面粘着性を解消し、化学的耐久性やガスバリア性も高めたタイプです。
■優れた耐薬品性とバリア性
フッ素樹脂に似た耐薬品性能を持っています。
■柔軟性に富む
フッ素樹脂チューブ(PTFE,FEP,PFA等)にはない特長で大きな魅力です。
■優れた透明性
カーボンなどの補強剤が添加されず、無色透明です。
■溶出による汚染が少ない。
架橋剤、安定剤、可逆剤を含まないために溶出の心配がほとんどありません。
■専用継手が不要
柔軟なチューブのため、汎用の継手で接続することができます。
■チューブ閉塞の不安を解消
ファーモフロン[ベーシック]の内面粘着性を独自の技術で解消しました。
■優れた耐熱性
連続使用温度は120度(但し、使用環境によりやや異なります。)
■分野・用途
 理化学機器・半導体工業・化学工業・電子機器・一般工業・その他。

透明かつ柔軟な耐薬品性チューブとして幅広い分野で利用されています。
サーモフロン一般特性
項目 サーモフロン 一般加硫フッ素ゴムチュープ
比重 1.89 1.8〜2.1
硬度  JIS A 67 55〜90
融点 ゜C 220 -
熱分解開始温度 ゜C 380 400以上
熱伝導率 cal/cm・sec・゜C 3.6x10-4 6.0×10-4
比熱 cal/g゜C 0.3 0.3
低温ねじり試験(T50) ゜C -9 -20〜-8
伸び 620 600〜150
引張り強度 MPa 15 7〜22
引き裂き強度 kN/m 28 17〜25
圧縮永久歪 50℃ X 24h 57 5〜27
摩擦係数 0.6 0.6〜0.7
反発弾性率 10 10〜15
体積固有抵抗 Ω-cm 5×1013 1×1013
絶縁破壊電圧 kV/0.15mm 16 9.3
誘電率 (23℃) kHz 5.9 13.8

■水透過試験

■食品安全性
(食品衛生法に基づく厚生労働省告示等370号試験)

試験項目 サーモフロン
適合
カドミウム 適合
重金属 検出せず
過マンガン酸カリウム 適合
■標準サイズ
内径(mm) 外径(mm)
1.0 3.0
2.0 4.0
3.0 5.0
4.0 6.0
5.0 7.0
6.0 8.0
7.0 10.0
8.0 11.0
9.0 12.0
その他のサイズはお問合せ下さい。
■耐薬品性
薬液 評価 薬液 評価
〈酸〉 〈ケトン〉
塩酸(35%) アセトン 不可
硫酸(98%) メチルエチルケトン 不可
硝酸(70%) 〈カルボン酸〉
リン酸(85%) 酢酸(氷酢酸)
〈アルカリ〉 〈エステル〉
水酸化ナトリウム(30%) 酢酸エチル 不可
次亜塩素酸ナトリウム プロピレングリコールモノメチルエーテル
=アセテート
〈炭化水素〉
n-ヘキサン γ-ブチロラクタン
シクロヘキサン 〈塩素系溶剤〉
〈芳香族〉 ジクロロメタン
トルエン 1,2-ジクロロエタン
キシレン トリクロロエチレン
〈アルコール〉 テトラクロロエチレン
メタノール 〈アミド〉
エタノール N,N-ジメチルホルムアミド 不可
IPA 1-メチル-2-ピロリドン 不可
〈エーテル〉 〈その他〉
ジエチルエーテル ジメチルスルホキシド
テトラヒドロフラン 不可 ASTM#2oil

ガソリン (*1)
試験方法:室温、7日間各薬品浸漬後、重量変化を測定
評価(重量増加率)
優・・・5%未満
良・・・5%以上 10%未満
可・・・10%以上 20%未満
不可・・・20%以上


(*1) 重量変化率は「優」ただし赤褐色に変化。



■ お問合せ  お問合せはメール又はFAXにてお願い致します。


1. ご要望※必須 見積希望 購入希望 連絡希望 訪問希望 その他
2. 動機※必須 新規導入 既存入替 試作検討 コストダウン 情報収集
その他
3. お問合せ内容 価格請求・サンプル依頼・見積依頼、製品に関するお問合せなど
※サンプル依頼ですが、基本有償での提供となります。但し
当社在庫品で無償提供出来る物もございますので詳しくはお問合せ下さい

製品の商品名、型式をご記入下さい。

4. 添付資料
(ファイル容量5MBまで)

<FAX問合せ用紙のダウンロード>

株式会社ハギテック : TEL 043-423-8741