はぎてんねっと
 

P.567

カテゴリー24目次に戻る HOMEへ
106
プラスチック成形品(プラスチック成型品) ゴム成形品へ

射出成形
射出成形法は一般にインジェクションとも呼ばれていますが、加熱し流動状態になったプラスチックを、密閉状態の金型へ高圧で充填し、これを冷却・硬化させる方法です。原料投入から成型品の取出しまで完全自動化が可能で、多くの成型法の中で、最も広く用いられています。
金型は、生産量が多い場合は、一つの金型で複数個の成形品が成形できる多数個金型が作られたり、プラモデルのように部品種類の多い場合は、ファミリー金型といって、一つの金型に異なる部品を一度に彫り込む方法もとられています。
射出成型概略図
プラスチック成形品・射出成形概略
一個取りと多数個取り成分
※ 1個取り ※
※ 多数個取り ※
ブロー
ブロー成形概念図
溶融したプラスチックの中空体を金型ではさみ、これへ圧縮空気を吹き込み、中空体を押広げ、中空体が金型へ圧着した後、冷却固化させる方法で、吹込成形または中空成形とも呼ばれています。
ブローする前の溶融中空体を作るのには、押出技術と射出技術を利用する2方法があり、前者を押出ブロー成形、後者を射出ブロー成形と呼んでいます。
押出ブロー成形の溶融中空体はパリソンと呼ばれ、小型容器から大型成型品まで可能であり、またきわめて複雑な形状のものも加工されています。
一方、射出ブロー成形の溶融中空体はプリフォームと呼ばれ、単純形状の瓶類が主で、特に大量生産に適しています。
押出成形(押出成型)
射出成形と並ぶ代表的な加工法で、成形材料を押出機の加熱シリンダー中で、溶融流動化するとともに、スクリューで連続的に前進させ、スクリューの回転と内圧ダイ(金口)を通して連続した一定の断面形状の成型品を作る製法です。
硬質のプラスチックと軟質のものを別々の型から押出してドッキングさせ、一体化した成形品を作ることもできます。
単軸押出機基本構造図
機械加工
汎用樹脂(塩ビ、アクリル等)接着加工の他、NCフライスや旋盤を用いて、金型などでは作れない様々な形状の部品を製作致します。汎用樹脂からエンジニアリングプラスチックまで。広範囲にわたり加工致します。
カテゴリー24目次に戻る HOMEへ

■ お問合せ  お問合せはメール又はFAXにてお願い致します。


1. ご要望※必須 見積希望 購入希望 連絡希望 訪問希望 その他
2. 動機※必須 新規導入 既存入替 試作検討 コストダウン 情報収集
その他
3. お問合せ内容 価格請求・サンプル依頼・見積依頼、製品に関するお問合せなど
製品の商品名、型式をご記入下さい。

4. 添付資料
(ファイル容量5MBまで)

<FAX問合せ用紙のダウンロード>

株式会社ハギテック : TEL 043-423-8741