はぎてんねっと
 

P.570

カテゴリ-12目次に戻る HOMEへ
キャップフレックス(ケーブルキャリヤーダクト) 023
近時工作機械の自動化に伴い、電線、ホース、チューブが益々多く使用されるようになり、その保護及び結束が、設計者の頭痛の種となってまいりました。キャップフレックスは、そのような悩みの解決のために設計製造された保護管で、工作機械のみならず、ロボット、搬送装置、一般産業用機械にも広くご利用載いております。
■構造
キャップフレックスは、亜鉛メッキを施した鋼を成型し、これを螺旋状に捲回して角又は円型の可撓管を作り、その一面に銅又はステンレス帯鋼を接合して、蛇行運動を防止し、円滑に湾曲、駆動する様製作された保護管です。(特許第1061493号)
■特長
一面が帯鋼で強固に固定されているため、駆動中の蛇行、揺れ、曲がり等のブレがなく、可動端の動きに従って、スムーズに運動します。

■用途
工作機械、ロボット、一般産業用機械の電線、油圧管、エアホース、水圧ホース等の保護管として広く使用できます。

■耐久性
1000万サイクルのテスト後も全く損傷が認められません。

■許容速度
50m/分

■シール性
キャップフレックスの標準型は完全シールではありません。然しご要望により特殊シールを施したものを製作致します。但、この場合曲げ半径が大きくなります。
■許容温度
-40℃〜+120℃(瞬間的に+180℃まで可能です)
■選定と組み付け方法
1.占積率及び荷重

キャップフレックスは、14種類のサイズ(断面サイズ)があります。サイズ選定の基準占積率は60〜70%目安とし、荷重値としては次の値を参考にしてください。

1型 2型 3型 4型
1.5kg/m 4.3kg/m 8.7kg/m 17kg/m
2.曲げ半径(KR)
キャップフレックスは、あらゆるアプリケーションに使用できるように各種の曲げ半径を用意しております。然し、この曲げ半径を誤差なく全く正確に製作することは、製造工程上の問題より不可能で誤差が生じます。当社ではこれを可能な限り最小に押さえるよう努力しておりますが、それでも±10%近い誤差が発生します。キャップフレックス取付後、過負荷のかからないようにHTを設定してください。

3.取付高さ(HT)
前項でも説明しましたように、取付高さはキャップフレックスに無理な力をかけないために大変重要です。余裕をもってこの値を設定してください。

4.チャンネルサポート
キャップフレックスは、フランジのみで支えようとすると無理な力が本体及びフランジ部にかかり、耐用年数を短くし、メンテナンスのコストアップとなります。従って水平に作動する場合には必ず、チャンネルサポートにより支えて下さい。チャンネルサポートの長さは、ストローク(LS)の1/2が理想的です。

5.ローラーサポート
可動部のストロークが長い場合には、ローラーサポートで支える必要があります。ローラーサポートで支えることによりストロークも長くとれます。

■使用例

横置下部固定

横置上部固定

縦横兼用型

縦置垂直型

縦置垂直型

横置サイド型

複数並列型(横置可能です)

複数重型(縦置可能です)

複数向型
■仕様

Ls ストローク
L 全長(内部湾曲面で)
Lf サポートなしの全長
KR 曲げ半径
l 各フランジのl寸法
型式 a b c d l KR(±10%) Lf(最大) LS HT 重量kg/m
フランジなし
サポート無 サポート有
0 30 20 26 16 32 55 1000 2000 4000 120 06
1 50 30 43 23 30 75 1500 3000 6000 165 1.2
100 220 1.25
150 330 1.34
1A 50 50 45 45 30 110 2000 4000 8000 240 1.52
1B 60 20 56 16 25 45 500 1000 2000 100 1.05
2 80 45 73 38 45 100 2000 4000 8000 220 2.0
200 440 2.25
250 550 2.35
2A 95 50 90 45 52 125 2000 4000 8000 275 2.25
2B 85 60 80 55 60 150 2500 5000 10000 330 2.35
3 110 60 102 52 60 150 2500 5000 10000 330 3.4
225 495 3.5
300 660 3.7
3A 115 80 109 74 60 200 2500 5000 10000 440 3.8
4 170 80 162 72 80 190 2500 5000 10000 420 4.9
250 550 5.5
350 770 5.6
5 170 95 162 85 80 240 2500 5000 10000 530 5.7
5A 175 110 170 104 80 250 2500 5000 10000 550 5.8
6 200 100 192 92 80 250 2500 5000 10000 550 6.5
7 220 110 212 102 95 250 2500 5000 10000 550 7.1
■ご注文の方法
ご注文に際しては、下記のようにご指示下さい。


フランジの取付方法においては、右図をご参照下さい。
■フランジ
キャップフレックスは取付用金具(フランジ)により可動部、固定部にしっかりと固定されるようになっております。フランジはキャップフレックス本体にスポット溶接によりしっかりと固定されます。フランジには取付用の穴があいており、機械本体にボルト及びナットで固定します。フランジは4種類の型式を揃えておりますので。取付方法により自由に選択できます。
■フランジの仕様
標準タイプS型
S al bl c d e f l m x
0 34 24 13 6 44 50 32 1.6 -
1 54 34 22 7 45 60 30 1.6 -
1A 54 54 22 7 45 60 30 1.6 -
1B 64 24 42 6 34 40 25 1.6 -
2 85 50 50 7 67 90 45 2 -
2A 100 55 50 9 82 104 52 2 -
2B 91 66 50 9 90 120 60 2 -
3 115 65 70 9 90 120 60 2 -
3A 120 85 70 9 90 120 60 2 -
4 175 85 100 9 120 160 80 2 -
5 175 100 100 9 120 160 80 2 -
5A 181 116 106 9 120 160 80 2.3 30
6 207 107 130 10 120 160 80 2.3 30
7 227 117 160 10 150 190 95 2.3 30
フェースタイプA型
A al bl c d g h i l m
0 34 24 9 6 19 52 38 32 1.6
1 54 34 18 7 35 69 54 30 1.6
1A 54 54 18 7 35 85 70 30 1.6
2 85 50 45 7 65 85 70 45 2
2A 100 55 51 9 70 94 75 52 2
2B 91 66 40 9 60 110 90 60 2
3 115 65 60 9 80 110 90 60 2
3A 120 85 60 9 80 130 110 65 2
4 175 85 95 9 120 130 110 80 2
5 175 100 95 9 120 147 125 80 2
5A 181 116 95 9 125 165 145 80 2.3
6 207 107 100 10 140 157 131 80 2.3
7 227 117 110 10 155 167 142 90 2.3
フェースタイプB型
B al bl c d g k l m
0 34 24 47 6 60 13 32 1.6
1 54 34 74 7 90 15 30 1.6
1A 54 54 74 7 90 25 30 1.6
2 85 50 105 7 120 30 45 2
2A 100 55 124 9 146 25 52 2
2B 91 66 112 9 130 35 60 2
3 115 65 140 9 160 35 60 2
3A 120 85 145 9 165 40 65 2
4 175 85 200 9 220 40 80 2
5 175 100 200 9 220 50 80 2
5A 181 116 200 9 225 55 80 2.3
6 207 107 233 10 259 50 80 2.3
7 227 117 249 10 270 55 90 2.3
フェースタイプC型
C al bl c cl d g h l m
0 34 24 45 35 6 60 50 32 1.6
1 54 34 70 50 7 85 65 30 1.6
1A 54 54 70 70 7 85 85 30 1.6
2 85 50 90 65 7 110 85 45 2
2A 100 55 110 75 9 130 95 52 2
2B 91 66 110 85 9 130 105 60 2
3 115 65 130 85 9 150 105 60 2
3A 120 85 130 103 9 150 123 65 2
4 175 85 190 100 9 220 130 80 2
5 175 100 190 114 9 220 144 80 2
5A 181 116 195 130 9 225 160 80 2.3
6 207 107 220 121 10 250 151 80 2.3
7 227 117 250 140 10 280 170 90 2.3
カテゴリ-12目次に戻る HOMEへ

■ お問合せ  お問合せはメール又はFAXにてお願い致します。


1. ご要望※必須 見積希望 購入希望 連絡希望 訪問希望 その他
2. 動機※必須 新規導入 既存入替 試作検討 コストダウン 情報収集
その他
3. お問合せ内容 価格請求・サンプル依頼・見積依頼、製品に関するお問合せなど
製品の商品名、型式をご記入下さい。

4. 添付資料
(ファイル容量5MBまで)

<FAX問合せ用紙のダウンロード>

株式会社ハギテック : TEL 043-423-8741